あまよみ暦 amayomi koyomi 

 天(アマ・宇宙)と地(ガイア)と人と。その調律方法を探る!
■ 獅子座1度の新月ー旧水無月 2017.07.22 Saturday

★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★ 
2017年獅子座新月から次の新月までの星模様 (7月23日〜8月21日)
★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★


今回の新月は獅子座で起きます。

 

前回は蟹座の新月でしたが、活動宮にある冥王星、木星、天王星と
次々にハードアスペクトを通過していきましたから、
非常に激しい展開となりました。
新たな局面を迎えた人も多いと思います。

 

天秤座の木星は、公平さやオープンな交流が基調ですが、
冥王星のスクエアは、そこに権力や権威が関与し、
パワーバランスを覆すというアスペクトです。

 

変化の矢面に立ったのは、
蟹座が示すコミュニティ、
家族や身近な仲間たちや子供たちです。

 

内部的な領域が、外からハードな影響にさらされたことで、
家族の大切さや身近な仲間とのつながりを
強く意識した人も多いことでしょう。

 

また身内的志向や、その依存から脱却することを
強く意識している人も多いと思います。


新月直前に、牡羊座の天王星は
太陽、火星とスクエアを通過しました。

改革心から、忍耐を欠いた強硬な行動が、
エキセントリックな波紋を起こしました。
そんな刺激度の強い動揺が収まらないまま新月を迎えます。


獅子座は、親しんだコミュニティを踏み台として
自分らしい個性を発揮しようとします。
獅子座のソースは、このコミュニティにあります。

 

蟹座、獅子座、乙女座と、
夏至から秋分までを占める3つサインは、
コミュニティ、クリエイティブ、ワークスキルといった、
結果を生み出すための重要な成長のプロセスを進みます。

 

獅子座は、目立ちたがり屋で自己中心的だと言われますが、
それは、内面から沸き起こる動機やドラマティックな衝動ゆえ。
「永遠の子供っぽさ」は誰の内にも存在し、
情熱を正直に表現することで感動が生まれます。

 

自分の内面にある熱い思いを意識することで、
尽きない原動力を発見することができるでしょう。

 


獅子座1度のサビアンシンボルは、
「脳溢血の症状」です。

 

蟹座は「胃袋」に対応し、食べ物を消化して
栄養を身体にチャージさせる大切な臓器ですが、
獅子座では、「心臓」にその担当が移ります。

 

一気に血流が活発になったのでしょう。
ドクドクと血液を全身に送り出す心臓の働きは活力の源です。
獅子座の始まりを宣言するシンボルです。

 

ハートの中で育まれた想いは情熱となってあふれ、
ヒーローとして輝きたいという自我が個性を放ちます。


新月は、火星とコンジャンクションです。

 

火星も頭を示しますから、
まさに頭に血が昇った、その勢いはスピーディで戦闘的です。
トップリーダーたちは先進的な宣言をするでしょう。

 

東京の図では、
他者の7ハウスで起きますから、
ターゲットを強く意識した宣言です。
派手な演出を見せそうです。
争いや裁判、人間関係のパワーバランスに
再び大きな異変を起こすでしょう。

 

代表者の姿勢は、強硬で攻撃的ですが、
獅子座は7ハウスでインターセプトしていることから、
公開宣言といった演出そのものに意図がありそうです。


天王星は3ハウスからスクエアを残しています。
進めてきた革命的な計画は終盤に入り、
いよいよさらに大きな一歩を踏み出すでしょう。
あっと驚くような計画が宣言されそうです。

 

古い体制からの脱出や、新しいプロジェクトを公開する
タイミングなどが計られるでしょう。

 


スタートを示すアセンダントサインは山羊座の30度です。
その支配星は11ハウスの土星です。

これまでの出来事の終盤にあって限界を知り、
新しい体制をつくっていこうとする配置です。


改革の活動は、極めて具体的に進んでいくでしょう。
人員や予算の決定、コミュニケーションや情報伝達など、
計画的に進められていくでしょう。

 

社会改革的なグループ、草の根的な活動が、
有志のグループを作り、運営を軌道に乗せます。

 


目的を示すMCのサインは、蠍座20度です。
その支配星の冥王星は12ハウスに、火星は7ハウスに位置します。

 

権力や情動など力をコントロールすることにテーマがあるでしょう。
ひとつは、見えない敵や黒幕的な力を。
もうひとつは、現実に起きている巷の争いや論争、
リーダーたちの派手なパフォーマンスです。

 

多くの人は後者に惹きつけられがちですが、
表面的な現象にだまされず、
「見える力」と「見えない力」を洞察することがテーマとなるでしょう。

蠍座は、集団を支配して力を結束させることがテーマですが、
このMCは、事態を制圧し、安定した体制を作り上げていくことを
目的とするでしょう。


月は6ハウスの支配星であることから、
戦闘的な男たちとは反対に、
女性や子供、一般市民たちは極めて実際的です。
また警戒心、防衛心を強くするでしょう。

 

彼は本当に有能であるのか、
社会や人のために仕事をする人なのか、
細かいチェックの視線を持っています。
もし無能であるとわかれば、その判断はシャープでしょう。


獅子座のはじまりで、火星、天王星とがアスペクトする新月です。

自己主張や、個人的な創造性を発揮していくにあたり、
冷静になって、目の前にある問題をしっかり焦点化すること。
必要とされるニーズをつかむこと、
ターゲットを特定することが、重要なポイントだと言えるでしょう。
しかしそれには、個人の自我や情動を制することと、
集団的な論争に影響されないことが前提になるでしょう。

 


● 新月 ● (7月23日〜) 

 

新月のこの日は、二十四節気の「大暑」です。

 

旧暦6月の水無月は晩夏にあたり、
まさに大地が干上がる苛酷な季節です。

8月7日の立秋前までは土用の期間ですから、
季節は夏から秋へと天地替えをしているところです。


災害が多い期間である上に、冷静さを欠き突発的な
事故が起きやすので注意が必要です。


翌日24日、土星と金星がオポジションを通過。
25日、天王星と水星がトラインを通過。

冷静に人の意見を聞くこと。
ことの意味を理解する努力が必要です。
新しい思考回路が開き、アイディアを受け取るでしょう。


26日、水星は乙女座に入ります。
感情的で思い込みで押し切るような判断から、モードが明らかに変わるでしょう。
細かい作業や計算、気配りが可能となるので、
問題に取り掛かることことができるでしょう。

 

27日、火星は太陽を通過します。
派手なパフォーマンスに注目が集まります。
認められたいという強い意識が働くでしょう。

 


△ 上弦 △ (7月31日〜)

 

蠍座の月の上弦です。

 

「影響力を発揮したい」という強引な支配欲が働くため、
独特な個性を発揮するでしょう。
それが人を惹きつけもし、また拒絶もするでしょう。

 

特に固定サインの人は、頑固さや我ままが出やすいでしょう。
創造的な意欲が裏目にでやすいので注意が必要です。

上弦の日は、場をよく読む時です。


翌日には、金星は蟹座に入りますから、
敵対心が薄れ、張り詰めた感じが解けて、
穏やかな活気が生まれ始めるでしょう。

 

5日、木星が冥王星とスクエアを形成します。
社会や権力の構造を大きく変える出来事を示しますが、
平和や公平さに対する、強権的な関与や
有識者や論者などの「言論の自由」に対する
強制的圧力とも解釈できます。

 

すでに「共謀罪」は施行されましたが、
「敵」とは誰?
「安全」は保障される?
という集団的な課題が投げかけられています。

 


○ 満月 ○ (8月8日〜)

 

水瓶座で部分月食が起こります。

 

人類共通の思い、情熱はどこに向けられるべきか?
世界共通の問題意識が世界をひとつにします。
個人のクリエイティブな発想やアイディアを
全世界が共有できる世界にいることを知るでしょう。
それこそが最強のネットワークです。

 

戦闘的なムードはここにきて影をひそめるでしょう。


10日、旧七夕。
11日、山の日です。
星空を楽しみ、夏休み気分を味わいたいものです。

12日、蟹座の金星は海王星とトラインです。
お盆休みに入り、家族的な和やかな雰囲気が広がります。


13日、水星が逆行を開始します。
水星の逆行は、再検討、再チェックをする期間ですから、
とても重要な期間です。(〜9月5日迄)

 

乙女座の水星は有能です。
自分のとって必要な情報やスキルを身につけると良いでしょう。

14日、太陽は土星とトラインを通過します。
計画すること、持続可能なスタイルをつくること。
デザインすること、アイディアをどんどん形にしていくときです。
クリエイティブな作業が進みますが、細かい調整も必要とされます。

 


▽ 下弦 ▽ (8月15日〜) 

 

牡牛座の月で下弦を迎えます。

 

蟹座の金星は冥王星とオポジション、
木星がスクエアに位置し、Tスクエアを形成します。

人間関係において、大きな変動が起きるでしょう。
好き嫌いや仲間として一緒にやっていけるか否かなどの
判断が強く出るでしょう。
女性の問題がクローズアップされるときでもあるでしょう。


8月22日、皆既日食が起こります。

 

再び獅子座で、潮流が変わる時を迎えます。

牡羊座の天王星とタイトにトラインを結びます。
獅子座の火星と射手座の土星とトラインなど、
火のサインが強調されたモチベーションの高い
革新的な精神にあふれた配置です。


現実の障害に屈する感じではありません。

創造的な力を存分に発揮するチャンス到来とも言える図ですから、
自信を養い、時に備えてください。

 

 

04:08 | - | comments(0)
■ 双子座5度新月 2017.05.24 Wednesday

★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★ 
2017年双子座新月から次の新月までの星模様 (5月26日〜6月23日)
★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★


今回は双子座で新月を迎えます。

 

初めの風のサインである双子座では、
牡羊座の元気(火)、牡牛座の身体を基礎(土)として、
運動能力や知力を発達させ、コミュニケーション能力を身につけます。

自らの能力を高める段階であり、得意を伸ばすことがテーマとなります。

 

競争やライバルの存在、噂やゴシップ、
情報に関することなど双子座の示す領域ですが、
加速するテクノロジー社会において、
「知ってる知らない」「使える使えない」など、
最先端メディアのスキルについてテーマになりやすいでしょう。

 

アンテナを張って、今を生き抜くのに必要な
情報や知恵を身につけることが重要となるでしょう。

 

 

双子座5度のサビアンシンボルは、「過激な雑誌」です。

 

5度はそのサインらしい遊びの精神を語ります。

 

広く浅く面白そうなことをキャッチする双子座では、
深い意図はなく、周囲への影響や感情的なことも配慮などしていません。

知覚を刺激する面白さやスリルあるもの拾い集め、
人の好奇を引きよせる表現によって紙面がつくられます。

 

シンボルの通り、雑誌などの情報媒体、広告や広報活動など。
さまざまなメディア業界の動きが活発になるでしょう。
多くの人を心理的に惹きつけるトピックが打ち出されるでしょう。

 

支配星の水星は、牡牛座で12ハウスにあることから、
SNSやネットメディア内での活動が中心となるでしょう。
最強の伝搬力を持つネット空間です。
ビックデータの活用や電子商取引など様々な手段を用いて活性化を狙います。

 

 

早朝に迎える新月ですが、他の天体とアスペクトを持ちません。


水星は1ハウスと5ハウスの支配星ですから、

「面白い」「好き」と思えなければ始まらない。
拮抗する現状に対し、遊びの精神で打ち破りたい。
そんな創造的気分でスタートするでしょう。


個人的な趣味や興味のあることに取組むとよいでしょう。

新たに身につけたいスキルや知識など、
「How to」を学び、自分で出来ることの領域を広げれば

楽しみを増やすことができます。

 

 

コミュニケーション能力がテーマの双子座ですが、
自由に動き回れることが信条です。
しかし反面、どこかの国の大統領のようにスタンドプレイ傾向で、
周囲との調和や組織の意図から外れる傾向も強くなります。

 

双子座の火星は土星とオポジションですから、
制裁やお叱りがかかることは、避けられず、
そうした自由を制限する決まり事を疎ましく感じやすいでしょう。

 

反発など心理的な反作用が起きやすく、
「法の目をかいくぐる」といった行為が誘発されやすいでしょう。

 

太陽は4ハウスの支配星ですから、
自らの思考回路や発想の傾向に注意を向けることも重要そうです。
「ポスト真実」ということばが象徴するように、
偽ニュース現象や、客観的な事実よりも人々の感情を利用する政治手法など

誰であっても人間の心理作用の強力さを無視することはできません。

 

さらに水星は、12ハウスでインターセプトです。


12ハウスと6ハウスは、「見えない敵」とそれに対する「防衛」を示す軸であり、
これらのテーマが過剰包装されて見えにくくなっていることから、
共謀罪の可決に関する状況を象徴しているようにも思えます。

 

水星は11ハウスの海王星とセクスタイルをとり、
不透明な未来に対するビジョンに関連しますが、

個人レベルでは、将来の希望を実現させるための

備えや準備をしていく時と言えるでしょう。

 

 

目標や目指すべき方向を示すMCは水瓶座です。
その支配星である天王星も12ハウスに位置し、

双子座の火星と土星のオポジションを調停する配置です。

 

サイバー攻撃や情報漏えい問題や、

テロ活動など社会を脅かす敵に対する防止など、
国際規格のルールを作り、管理や監視を強化し、
これらの問題の防ごうとする配置です。

 

個人レベルでは、

新しい自立した生き方を志向しやすく、

そのために必要な資格や準備などを進めたいと決意するでしょう。

計画性を持つことや、実用的な学習や

事業計画をするとよいでしょう。

曖昧なことはクリアーにしておくことが必要です。

 

 

● 新月 ● (5月26日〜) 

 

スタートを決めるアセンダントと

対人関係を示すディセンダント軸は、

双子座と射手座の柔軟サインです。


拡大と分散傾向のため、コミュニケーションにおいて翻弄されやすく、

明確な答えを導くことや事の結着をつけることは期待できにくいでしょう。

 

創作力が高いので、クリエイティブな活動に向けましょう。
遊びや趣味サイドから、柔軟に新しいアイディアを考える。
ネタ集めや、創作に取り組むといいでしょう。

 

金星は冥王星とハードアスペクトです。
金融や人間関係で大きな変動が起きるでしょう。
利害にかかわる問題により大胆な転換が起こるでしょう。

 

翌日の27日、金星は戦う知恵の女神パラスと重なります。

金星には職場環境の改善というテーマを含みますが、

特に働く女性の当事者としての発信が注目されそうです。

強気女子の言動に注目です。


29日に、火星は土星のオポジションを通過します。
逆境にあって真の実力が試される時です。
無駄を省いて目的を絞ることで説得力を身につけます。

 

31日、水星は冥王星とトラインを結びます。
現実的な発想で状況をフォローする時です。

 

計画を立てたり、考えを書きとめ整理するとよいでしょう。

自分の強みや、確実なことを基礎をおいて考えると良いでしょう。

 


△ 上弦 △ (6月1日〜) 

 

乙女座の月で上弦を迎えます。
海王星とハードアスペクトを結びます。

 

不安な状況に影響を受けやすく
防衛心が強まり保守的になりやすいでしょう。

 

考え方が変わりやすく慎重になる必要がありますが、
しかし現実の拘束から自分を開放していくという

気づきのタイミングでもあるでしょう。

 

知的活動は高まっていますので、
継続することで積み上げていくことができます。

成果を見える化すれば、それは自信や実績へとつながります。

 

金星は、2日に土星とトラインを結び、
3日には天王星と重なります。
人間関係やお金、女性に革新が起こります。

自らの個性や自己発信の動機が原動力となります。

 

5日、芒種を迎え、

太陽は海王星とハードアスペクトです。

調子の変わり目になりそうです。

 

世界をどう認識するかによって、自分を取り巻く世界が

つくられていくことを知り、

自らの行為が周囲に与える影響について洞察する時です。

 

 

○ 満月 ○ (6月9日〜)

 

射手座の月で満月を迎えます。

広い視野を持って世界の有り様を受けとめる日です。

 

世界を意識するなど、

自らの活動のフィールドを拡張したいと思うでしょう。

これまでの努力や能力を誇張しがちな傾向もありますが、

自分の能力や情報の有用性について考え、

応用を試みることで、可能性の広がりを実感するでしょう。

 

10日に、長らく逆行していた木星が順行に入ります。


評価や価値が定まり、審判していく流れが進むでしょう。
裁かれる人は裁かれ、評価される人は評価されるでしょう。

 

交渉ごとや検討されてきた企画などが進み始め、
新たなパートナーシップの創生や組織再編などが進むでしょう。

政治的な動きにも注目が集まります。

 

天秤座の木星は、人的環境の改善にありますから、

木星が次のサインである蠍座に入るまでの間(〜10月9日迄)は、
オープンなコミュニケーションによって推進させていく

重要な時に入ります。

 

14日は水星は海王星とスクエアになります。

注意力が散漫になりやすいので、発言には注意が必要です。

責任などの圧力が強くなってますから、ストレスを感じやすいでしょう。

 

15日太陽は土星とオポジションになります。
「社会的な責任」を強く意識しやすいでしょう。

 

これまでの努力や活動の成果が表れやすいでしょう。

自分の能力や技術を価値評価してみましょう。

 

たとえ個人的な趣味や創作であっても、

自らの創造的能力に価値と信頼を置くことで

真の道を開くことができるでしょう。

 

しかし社会的な圧力や責任の重圧を感じやすいですから、

理想と現実との間で揺れ動き、模索の日々が続きます。

 


▽ 下弦 ▽ (11月15日〜) 

 

魚座の月で下弦を迎えます。

 

土星とハードアスペクトをつくりますから、

責任や実用的価値など、精神面での模索が起こります。

 

シビアな条件や状態にあるなか、神経的にも負担が大きいですが、

真剣に問題解決に当たることで、活路を見出すでしょう。


21日は夏至を迎え、太陽は蟹座に入ります。


蟹座は所属を示しますが、

成績によって、入学できる学校が決まるように、

努力や身につけた能力によって所属する世界が決まります。

資格を取れれば、その世界に一員になれるというプロセスです。

 

努力の結果が次のステージや所属を決めるという流れです。

 

ホームポジションが決まることを意味しますから、

次には、「郷に従う」ことが求められます。

 

新しい仲間や家族と行動を共にしていく、

協調性が求められますが、

 

次の新月は6月24日です。

 

新月前のこの期間は、ストレス解消につとめ

疲れた神経を癒すことが先決です。

デジタルデトックスを試みるとよいでしょう。
 

19:55 | - | comments(0)
■ 牡羊座8度の新月 2017.03.25 Saturday

★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★ 
2017年牡羊座新月から次の新月までの星模様 (3月28日〜4月25日)
★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★///★

 

 

今月の新月は牡羊座で起こります。

 

牡羊座は12サインのトップランナーです。
桜が開花し、入学式や新学期を迎え新しいスタートを切ります。

 

新生活が始まる人も、またそうでない人も、
気持ちをリフレッシュさせたい。
今の現状の巻き返すためにも、
何か新しいことに挑戦したいという意欲が高まります。

 

正午直前の11時57分、天頂に輝く新月です。
天頂(MC)は、達成したい目標を示しますから、
新しい目標を宣言し、野心的な姿勢を打ち出します。

 

とはいえ世間では、現在木星が逆行中にあり、
社会モラルや共通の認識が揺らいでいる事態です。
さまざまなスキャンダルや問題が続出しています。
不正や不備が表面化し、膿だし状態です。

 

3月5日から金星も逆行中ですから、
人間関係とお金など欲得に絡んだ騒動がさらに
問題を派手にしています。

 

木星の順行は6月10日を待たねばならず、
金星は、来月中半(4月16日)まで続きます。
さらに4月20日には水星と冥王星も逆行に入ります。

 

今年上半期は、問題解決に費やされることになるでしょう。
前進は望めず、むしろさかのぼって問題の発端に
立ち返る必要があります。

 

天秤座の木星は、協働で問題解決にあたる上で、
認識を明白にすること、フェアであることの必要性を示します。
他者への理解や協調性、社会性の高さも求められます。

 

調整や改善を可能にする大切な局面にいます。
それによって後半期の流れが決まってくるでしょう。

 

特に、お金や人とのかかわる場面において
失敗しないためのセンスやマナーを身につけることや、
家族や仲間と協力し、力を合わせてこそ、
乗り越えられることを、認め合うことが大切となるでしょう。


新月は逆行の金星とコンジャンクション(0度)し、
他の天体とアスペクトしません。

 

楽しいこと優先、利益重視の姿勢が目立つでしょう。
景気予測などに関心が向かい、その刺激策を模索するでしょう。
新しい組織やネットワークが出現するなど、
新しい切り口、思いきった指針を打ち出されるでしょう。

 

好きな気持ちに理屈はないというスタンスです。
前例やしがらみに頓着せず、衝動的に、
直感的なセンスによって行動を開始します。

 

太陽は2ハウスの支配星ですから、
収入やビジネスの場面で、新発想、
クリエイティブな試みを見せ、自分に投資することや、
個人の才能も含めて資産活用がテーマとなるでしょう。

 


牡羊座8度のサビアンシンボルは、
「風になびくリボンのついた大きな帽子、東に向いている」

 

牡羊座の身体エリアは頭ですが、
帽子は、頭に装着するもので、かつ保護的な役割をするものです。
風になびくリボンのある帽子は、
精妙なセンサーがついた新しいデバイスのようなもの。

 

東とは新しい物事が出現する方向です。
先見性や新しいトレンドを取らえる直感的なセンス示します。
リボンは新しい風に敏感に反応し、
変化する時代のゆくえを予見します。

 

人工知能(AI)が予測を上回るスピードで発達しています。
これらの実用化は人類が迎える新しい産業革命と言われていますが、
人類の文明のこのゆくえを考察するという意味もありそうです。

 

スタート基点を示すアセンダントのサインは蟹座です。
母子、家族や生命を守るという
母性的なテーマが動機となるでしょう。

 

サバイバルな意識が強まるため、
個人的なスタンスから活動を始めるでしょう。
アイデンティティや動機を強く意識しますから、
行動すればするほど、元気を取り戻すはずです。

 

女性や母親や子供の自主的な活動が
未来改革へのアクションを起こしていくでしょう。
関係をオープンにすること、ソーシャルな活動にかかわること、
ネットワークをつくることがキーになるでしょう。

 

天頂(MC)の支配星の火星は、牡牛座にいますから、
その行動力は建設的で実利的です。
商売や金銭関して挑戦的ですから、
経済状況を左右するような新しい動きが起こるでしょう。

 

農耕の女神セレスと共にある火星です。
農業などの第一次産業の未来的な試みや、
持続可能なエネルギー活用、循環型システムなど、

肉体の健康や体力も含めて、所有している財産や条件、

才能を活用することが活動のキーとなるでしょう。

 

 

活動宮の天秤座の木星、山羊座の冥王星、
牡羊座の天王星といった、大きな社会構造の変化の過渡期に
あることを踏まえて、本能的なセンスを働かせ、

未来の展望を探ります。

 

自分ならではの動機をしっかりと自覚
していることが大きな原動力となります。

 

 

● 新月 ● (3月28日〜)

 

31日 木星と冥王星がスクエア(90度)になります。
パートナーシップの在り方に再び大きな変動、打撃が走ります。
解体から再編成へのプロセスが進みます。

人脈的な構図がかわるでしょう。
解体していく形と、新しい動きとが混濁するでしょう。

 

3日、逆行の金星は魚座へと戻っていきます。
金星の逆行は、温故知新、青春時代を復活させるなど
ノスタルジーな効果がありますから、美意識や情緒を刺激します。
趣味の再燃や、昔の恋人との再会など、
人間関係では思わぬ展開が起こります。

 

牡羊座の金星の逆行ですから、初恋の人を思い出したり
また逆に、この人でいいのかと考え直すことも。
特に女性は複雑です。

 


△ 上弦 △ (4月4日〜) 

 

蟹座の月で上弦を迎えます。
 

会社では新人や新任を迎え、フレッシャーズの
初々しい姿が目を引くでしょう。
新しい出会いに期待と不安を抱くときです。

 

生活が変わり、新しい生活、新しい環境に入っていく。
変らなければ、成長したいといテンションと
プレッシャーがかかります。

 

繰り返す、体で覚える、着実な方法で
あせらず慌てず、一歩ずつ前進する心構えで行きましょう。

 

満月までの期間は、転換点や分岐点となる
重要な期間となるでしょう。

 

8日、9日、太陽は木星と冥王星とアスペクトします。
社会や周囲の大きな変化に同調しながら、
自分の役割、ミッションを自覚します。
目的意識や意志が明確になり、それによって
社会的なポジションをつかむタイミングとなるでしょう。

 

10日 牡牛座の水星が逆行を開始します。
順行に入るのはGW中のは5月5日です。

 

新しい計画や事業計画の見直しや再検討が必要となります。
企画、アイディアを練り直す期間となります。


水星の逆行は、細かいチェックを入れますから、
システムの不備や問題点を指摘します。探し物も出てくるでしょう。


さらに遅延やトラブルが重なってきますが、

忍耐を決め、前向きに取り組むことが得策です。
「失敗の経験」は未来への重要な基礎となるものです。

 

金星は、魚座まで戻っていきます。
土星とキロンへと向かいます。

傷ついた癒しを必要とする人や場所へと戻っていく金星です。
社会の負の側面、被害者、被災者、弱者を生み出す
社会構造の問題へと踏み込みます。
法的な検討や処置が進むでしょう。

 


○ 満月 ○ (4月11日〜)

 

天秤座の月で満月を迎えます。
冥王星、天王星、木星とTスクエアを形成します。


対立的な構造を明らかにしますので、
今進行中の問題に大きな展開が起こるでしょう。


感情的になりやすいので、思いきった決断や
割り切りをしそうです。

現状を変えたい人は、自分の意見をしっかり伝えたい人は、
この満月の力を利用しましょう。

 

14日 太陽は天王星を通過します。
自立、独立、自己革新の気持ちを強めます。
声高に主張することはありません。
自分の中にその意志と情熱が存在していることを
しっかりと保持しましょう。

 

16日 金星が順行に入ります。
弱者や格差、被害者や被災者、高齢化社会の問題に対する
法的な取り決めや補償など問題が進展するでしょう。

 


▽ 下弦 ▽ (4月19日〜) 

 

山羊座の月で下弦を迎えます。
今月の激しい展開の締めくくりを示すかのようです。

 

20日に太陽は、牡牛座に移ります。
変化の波を乗り越え次のステップは、継続と安定です。

腰を据えて取り組むスタイルを作っていくことが
テーマとなります。

 

21日は、逆行中の水星は牡羊座に入り、
火星は双子座に入ります。
担当や出番が変わってきます。

問題は、新たな段階入るでしょう。

 

新月から、どのように行動したのか、

何が起きたのか、
何がどのように変わったのか、
冷静に、状況の把握につとめます。

 

次回は牡牛座の新月です。

経験の積み重ねが基礎的な実力を

つくり上げます。

 


 

17:14 | - | comments(0)
Other