あまよみ暦 amayomi koyomi 

 天(アマ・宇宙)と地(ガイア)と人と。その調律方法を探る!
■ スポンサーサイト 2018.05.14 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | -
■ 金星の逆行 2015.08.05 Wednesday
7月25日から金星が逆行に入りましたね。
順行に入るのは9月6日ですから、
これから1か月間は続きます。

あらゆる逆行はその天体の意味する意識を深める
チャンスなんですね。

水星の場合は、
錯覚を起こしやすいのでミスやトラブルが
起きやすく注意が必要ではありますが、
「失敗は成功のもと」と言われるように、
結果的にその失敗があったからこそ、
完成度を高めたり、理解を深めたり、発見があったりします。

逆行という期間があるからこそ、
進歩や成長があるとさえ思えます。

逆行効果の特徴として、内向きに働くので、
思い出したり、思い返したり、反省したり、
掘り起こしするんですね。発掘や発見も多いです。

乙女座で始まった逆行は、
現在、獅子座をさかのぼっています。

内面に気を取られるので、エゴが出やすいとも言えます。
本音が出やすい。そこを注目すべきですね。
内なるメッセージに耳を傾け「気づき」によって自覚を促します。

「自分の好き」を意識しやすいので、
どうにもこうにも、好きを優先したい気持ちが強くなり、
普段以上にこだわってしまうことに、その根深さを感じたり、、。

現在は、木星と土星とアスペクトしてますので、
好きだったら、いっそそれを仕事にした方がいいのではと、
内心思い始めたり、
もっと好きなことができるような生活スタイルにしたい、など、

自分の好きにならない現実にジレンマを
感じているところでもあるでしょう。

そうした状況を調整、考え直す月間ということですね。

「ライフバランス改善月間」

蠍座の土星とのハードアスペクトですから、
人間関係においては、意見の対立、エゴや我ままがぶつかり、
ゴタゴタしていますね。
水星を通過しつつあるので、言葉に出やすく、
それぞれの思惑(希望・本音)がガチンコ!
露呈している感じです。

まあ、頑固な固定サインのセットですから、
簡単ではありませんね。

土星は、
9月18日をもって蠍座を卒業し、射手座に入りますから、
内面にある感情的なエネルギーにアクセスすることによって、
強化もし、また浄化する最後の締めの期間となりそうです。

土星と木星のハードアスペクトにからむ金星は、
若者による反戦デモ、社会的主張なども示していそうです。
その表現は、なんの建前もなく個人発信的、
ダイレクトで生の声ですね。

さて、あなたは、
「嫌なものをイヤ」と言える人ですか?




 
17:59 | 惑星トーク | comments(0)
■ 3月2日〜5月20日迄−火星の逆行 2014.03.22 Saturday
3月2日〜5月20日まで火星が逆行します。

3月1日新月の星模様でも書きましたが、
やはり、逆行は日が悪い期間と言えます。
長いですし、いろいろとトラブルが起きやすいので、
覚悟と対策が必要ですね。

特に男性全般の態度がおかしい。
さらに影響が大きいのは、天秤座、牡羊座、蠍座に天体を持っている人、
35〜44才までの人、技術開発などエンジニア系の仕事に就いている人、
鉄製品、火力を扱う仕事(料理人もそうだわ、注意しよう!)、
さらに、戦争、軍事産業関連。
(武器を売りたい。平和維持と銘打って
利害関係の駆け引きが見え隠れするでしょう)

今、何が起きているのか。
押し隠していた怒りや不満、攻撃心、ライバル意識などが
刺激され湧き出ています。
火星の意味する、活力、生存衝動が内向するために
理性のコントロールが効かずイライラしています。
女性も焦りがちになったり、挑発的になったり、
男性の態度がおかしいのでやっぱり落ち着かない。

膿出しですね(膿は炎症の残滓ですし)。
抱えている不満は解消されなければなりません。
自分の情動や欲求を認め、理性的になって
自らをコントロールする重要な調整期間となるでしょう。

天秤座の火星なので、ストレートではありません。
立場を有利にしようと人間関係を利用したりと、姑息な面も出やすい感じです。
強硬派は、自分を取り巻く関係性を理解し、
空気を読むことができなければ思う通りに行かないでしょう。
妥協(折り合い)点を見出す知恵や協調性が必要とされるでしょう。

天秤座の火星は品位でいうと「フォール」で弱まりますから、
歯切れが悪く、決断力に欠け、自信を失くしたり
傷つきやすくなるかもしれません。

身近な男性にそんな傾向が見て取れるなら、
この期間はやむなしと、相手を責め立てず見守る気持ちでいましょう。
 
この期間の上手な過ごし方は、
自分を鍛え直すとか、自分が夢中になれることを再発見するとか、
ストレス解消法を実行するとか、訓練、トレーニングするのに良い期間なので、
何か始めると良いでしょう。

自信をつけるために、必要だと思える能力を身につける。
自分の武器となるカードを増やすこと。

健全な火星の使い方は、情熱を持って実行し、達成感を手に入れる。
「一生懸命やったから悔いはない」という生き様です。

3月21日春分を経過しました。
1年の始まりである春分に、火星が逆行であるということは、
こうした傾向が1年通して続くことを意味しますから、

「エネルギーを健全な方向に導き、コントロールする力を身につける」

つまり、「理性力を高める」こと。

「自分が望む人生を切り開くため、戦うために必要なスキルを身につける」

ことがテーマとなるでしょう。

火星の逆行がどのハウスで起きているかで、
傾向と対策は変わると思います。
カウンセリングではこうしたことにお答えする機会が増えそうです。


 
21:55 | 惑星トーク | comments(0)
■ 蠍座の土星、人生を変える掃除の魔法? 2013.05.06 Monday

はい、土星のお話の続きです。

土星が蠍座に入ったのは、去年の10月6日です。
そして期間は、来年2014年12月23日まで続き、
翌年15年に逆行しつつ蠍座と射手座を行ったり来たりします。

まあまずは、
今年、来年とどっぷり蠍座土星時代なんですね。

以前から、蠍座に土星が入ることを警戒してました。

水の固定サインであり集団的拘束力を強化する蠍座は、
権力的、支配的な傾向を進めていくであろうと。

つかまったら逃げられない、、。

自分の立ち位置をしっかり確保、強化しておかないと、
権力的、政治的な管理下におかれ、長いものに席巻される恐れがある、、。

個人の才覚で生きていこうとする自主性のある諸氏にとっては、
行く手を阻む障害となるかもしれない。

牡羊座の天王星は、
個人のアイディアを実行すること、自主性に火をつけました。
個人起業家の流りはその証。
また新しい生活に転身した人も多いはず。

新しい活動を始める勇気と挑戦的なパワーをキャッチした人は、
その実行が本人の生活を変えただけでなく、
かかわった人も社会も変えていくものに発展しつつある。

それはまさに、
牡羊座の天王星と山羊座の冥王星の効用そのものです。

今は、双子座の木星の追い風もあって、個人のアイディアの種が、
「面白いね。」がソーシャルな風を生み、新しいつながりや可能性が
続々と起きているムーブメントな時と言える、のですが。

蠍座土星の進行が進むにつれ、、、。

実際に国際政治情勢だけみても、
各国の利害関係、権力的な姿勢があからさまになっていることは確かだし、
憲法の改正など、懸念する要因はさまざまあります。

アベノミクスと銘打って、「経済成長」、「景気回復」こそが最大の課題とのごとく、
人々の関心を集中させていること自体が、
拘束する縛りのようにしか見えなかったりしてきます。

経済、強者の論理で選択されていく現在の傾向は、
どんどん多くの人を巻き込み、どこへ向かうでしょう?
たしかにそんな危うさが今はぷんぷん臭っています。


しかし書きたいことは、
社会的なレベルの土星の動きではなかった。

この私の懸念はさておき、
もっと身近で活用すべきテーマを土星は投げてきます。

そう蠍座は変容のサインです。

通過儀礼のように、個人がさらに成長するために、
もっと大きな問題を扱えるようになるためには、
個人のエゴを剥奪されなければならない。

そんな大げさなこと言わなくても、、

「成長するために変わらなければならない」

テーマが投げかけられている訳ですね。

土星の望むところは、

規則正しいこと、安定と持久力。
継続力、シンプル。計画性。法則。

サインの意味することに対して、
正すべきこと。強化すべきこと。を示してくるわけです。

それは、掃除や整理整頓と一緒です。

億劫がれば、面倒で嫌な事。
やらずに放置しておけば、それは「壁」になって存在する。
どんどん汚くなっているかもしれない。

しかし、やってしまえば、
掃除の行き届いた室内にいるような快適さを味わうことができる。
それは、シンプルで快適なリビング。

そのためには、それを維持するための
必要なスキルを身につけることではあるのですが、

じつは、「美」や「快適さ」を導き出す鍵を握っているのが、
土星ではないかと感じています。


よって蠍座の土星期間に、
キレイにすべきところは以下のとおりです。

肉体では、大腸、肛門、生殖器。

家では、トイレ(排泄する場所)、
水周りで排水溝など、見えない箇所。
納戸などの暗い場所。ゴミ置き場。

とっても具体的。

では、続きはまた。



17:50 | 惑星トーク | comments(0)
■ 土星による強制的整体。 2013.04.24 Wednesday

土星のエネルギーがガツンと
入ってきた出来事がありました。

まあ、恥ずかしながら、
路上で派手に転んでしまったのですが、、

アスファルトに全身を打ち付けられ、打撲です。
腫れは引きましたが、まだ痛い、、。数日前のことです。

瞬間の図は、土星は月とスクエア(90度)をつくり、
私の金星、太陽に重なってました。
さらに出生の月が火星とスクエアだった。
慌てまくっていて、アクシデントが起きやすい条件重なってました。

月は宇宙を映す鏡のようなものと言いますが、
まさにそうですね。

私にとっては痛い出来事になった訳ですが、
痛い思いをするべく要因が私にあるゆえに起きた出来事ですから、
人によって、受け取る現象はいろいろです。
これが自業自得といものです(苦笑)。

思い返せば、出生の太陽に土星が重なった合の時期に、
やっぱり転んでました。状況なども似てます。

同じことを繰り返していいる私です。とほほ、、。

かくいう今は、太陽に対してスクエア(90度)です。

まあ、確実に土星の影響が強まると「欠点を指摘」されます。

気づかなければ、モノに言葉を言わせます。

土星は、「厳しい監督官」が廻って来たようなものだと、
よく例えでお話しますが、

その指摘に対して、
正すべきことは正し、強化すべきことは強化し、
従うべきは従い、現実に対処べきことは対処し、
現実にコミットさせるわけです。

結果、現実の壁を乗り越え成長する。
地に足をつけ、大人になる。
役割を果す。使命をまっとうする。
ことが可能になるのです。

私の場合、両方とも仕事の出勤直前。
アスファルト上で。
これが土の上だったら、こんな怪我にはならかったかしら。

ならば、このコンクリートジャングルの都市の中で
あくせく生きている私という、
この環境事態に問題の焦点を当てることもできます。

人生の道を判断するきっかけをくれるのも土星の効用です。


アスファルトは石です。
転べば、手の皮膚は破け血がにじみ、打ちつけられた右足は打撲です。
骨折はしてないと思うけど、ひびが入ったことはありえるかもしれぬ。

私は骨密度は高めで「私の辞書に骨折という文字はない」
と思い込んでいるのですが、
しかし骨密度は年齢と共に低下していくものですから、
10年前に検査を頼りにしてはいけないかもしれません、、。


不規則でいきあたりばったりな行いをしているから、
足元を見よ。現実をしっかり見なさいと。

まったくそのとおりのご指摘なので、
天からの体罰として、素直に受け止めるわけです。


しかし、これは強制的整体でもあるようで、
日増しにそう感じざるえない。

この土星のメッセージは、
もっと原始的で、根本的です。

受けた衝撃は、強打した右ひざだけにあらず、
全身に影響したことは体感でわかります。
左胸、両腕など、あちこち痛い。

自由に身体を動かすことが出来ないわけです(痛みと腫れで)。
これは、筋肉を自由に動かせないということ。
つまり、筋肉を黙らせることになる。

土星は、骨、皮膚。
火星は、筋肉。骨と骨の間にひっついている。

骨あっての筋肉の存在。
また筋肉あってこそ、体が自由動かせる。骨が動かせる=身体が動く。

二本足で直立歩行を可能にする構造は骨格にあって、
動作の力学の根幹は、骨にあるわけです。
全体重をささえるのは、骨なのですね。

この関係性に注目したい。

再び「身体」についてテーマが復活しました。

現在の蠍座の土星は逆行しながら
「変容を促す」プロセスにいます。

こうした衝撃となるような出来事は、内側を見つめさせ、
自分の内部にある問題に向き合うきっかけをつくります。

そう、このところずっと乱暴に自分を使っていたようです。


土星からたくさんメッセージが来てます。

また続きを書きます。

 

13:12 | 惑星トーク | comments(0)
■ 金星の逆行 2010.11.07 Sunday

すいません、久々の書き込みです。

今金星がテーマです。
先月10月8日の新月の直後から金星は逆走しております。
順行に戻るのは今月19日。
まだ続いています。長いです!

感覚的には、もっと長いような気がしていて、
つまり、金星の逆行って個人の欲望優先で暴走傾向なのですが
(ちょっと乱暴な表現ですが)、
その傾向は8月の新月からずっと続いているように思いますね。
金星と火星がずっとくっついて移動してましたから。
熱が入りやすいし、また正当化する傾向もあって。
(好きだー!だって食べたいんだものいいじゃない〜とか)

悪い癖が出やすいのではないか、、。私も反省することが多く、、、。
タガが外れて、締りが無かったり、、

なんだか世の中全体的に、リバウンド気味傾向に見えますね。

水星の逆行の時もそうですが、
失敗を通して反省し学習するのです(苦笑)。

金星なので、恋愛や愛情問題、人間関係。
お金の問題、趣味、物欲、甘いものや嗜好品等に関して。
誘惑を誘う美しいもの、美味しいもの、趣味や贅沢部門に投資増大傾向です。


明日から逆走しながら天秤座に入りますが、
蠍座にいた期間は、囚われ状態。

やはり蠍座はカルマティックなサインなので、
断ち切りたくても断ち切れない、、
恋の悩みや感情的な問題を抱えている人が多いようです。
依存症的な部分、執着心に向き合わされています。

さてこの期間を有効に活かすべし!
悪い癖が出ているのならば、
それに向き合い解決することに取り組むことですね。
悪きを知って、良き方向への反動を。

そもそも、
「私の本心が求める喜びや理想とはどんなことなのか?」
という問いかけを。


そして順行して再び蠍座に戻ってきますから、
結ばれるべき大切な絆、
必要な存在や仲間との縁が結合されていく。

人間関係は引き寄せの原理。
あなたが思い描くこと、状態に応じて、
必要な縁が組まれていくプロセスが進むでしょう。


金星の大プロジェクト(ビーナストランジット)も進行中です!
これは8年計画です。
10月29日に太陽との合で、太陽系に描かれる一筆書きの五芒星(ペンタグラム)の5つ目が完了したところです。私たちを今まで囚われてきた呪縛が解かれようとしている、、、。
完成は、2012年6月6日。

真の喜び、まことの平和の世界を求めて。
その理想のビジョンをまぶたの上あたりにすえたい所です。

どうかあきらめたり、刹那的になりませんように。


<金星のスケジュール>
10月
08日 新月/金星逆行
29日 太陽と金星内合(0度)
11月
06日 新月
08日 逆行金星天秤座入
19日 金星順行
22日 満月
30日 金星蠍座入


金星については、まだまだテーマがあるので、また次回に!


18:42 | 惑星トーク | comments(0)
Other