あまよみ暦 amayomi koyomi 

 天(アマ・宇宙)と地(ガイア)と人と。その調律方法を探る!
■ スポンサーサイト 2018.05.14 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | -
■ 星こよみ−立冬 2009.11.07 Saturday

寒くなってまいりました。
またまた空いてしまった星こよみ、、
おさらいしつつ今の流れを。

今は旧暦九月、長月。晩秋です。
そして11月7日「立冬」を迎え、暦は冬に突入です。
早いものです〜、、
月見に興じる余裕も無く秋が過ぎ去ってしまった、、。
自然の機微を心に留めることなく人様都合で、進んでいくことに不安を感じるこの頃であります。

去る11月3日に満月を向かえ、今は欠け月サイクルです。
毎度の繰り返しのリズムですが、
私はこの欠けサイクルに入ってやっと息がつける有様でございます(苦笑)。

「立冬」前までの18日間は、土用の期間でした。
(10月20日〜11月6日)
土用はやはりグリグリと物事が動きますね〜。
この期間は、西洋占星術的に考察してもパワーエリアなんです。
くわしくは後ほど改めて書きたいと思います。

<スケジュール>
10月18日 新月●(天秤座25度) 旧九月一日・長月
10月20日 土用入
10月23日 霜降(蠍座入)
10月26日 上弦
10月30日 土星>天秤座入/栗名月(旧暦九月十三日)
11月03日 満月○(月牡牛座11度)/文化の日
11月07日 立冬(蠍座15度)
11月10日 下弦
11月15日 土星・冥王星90度
11月18日 新月●(蠍座25度) 旧十月一日・神無月

遡って、前新月は10月18日(旧暦九月一日)でした。
この新月にはどんなテーマが仕込まれているのでしょうか?

天秤座で始まった新月ですが、水瓶座とは同じ風のサイン。
人間関係や行き交う情報に押されて、
なだれ込むようにスタートしてしまった感が強かった、、。
このノリのまま、起こした行動から出てきた問題、衝突、新たな物議。
それはかなり意外性のある展開で、消化や解釈に時間がかかるかもしれません。

利害関係のからみがあって、人間関係では亀裂が生じてしまったり、
極端な異変も起きたようです。心理戦的なニュアンスも強いです。

問題は内部的なもの。
しかし天秤座の視点では、白黒はつけません。
それより、それぞれの立場の理解と協調の姿勢を保とうと試みます。

起きた問題に対する受け止め方、
崩れたバランスをどう組み立てなおしていくのか、、

特に女性は、
近しい関係の男性、人間関係のパワーバランスの変化に戸惑い。
スキが出来やすい今の女性の状態は、恋愛のチャンスには好機とも。
男性の行動は、いささか思い込みが激しく情熱まかせ。
慎重さや現状判断、空気を読む必要ありですね。

新しい計画や再編成を進めるためには、
コネクションの強化や直接的な意思疎通を試みること、
結束力を高め、確約を取る必要があるのですが、、
それぞれの腹の中身(思惑)が違えばね〜、、

そもそもの、根本的な考え(コンセプト)、計画の確認。
利害関係のつき合わせをしておくことが、今後の判断において重要になりそうです。

今太陽は蠍座を進行中。
近い人間関係においては、「パワーバランス(力関係)と距離間」
ということがテーマになっています。

精神的、思想的なテーマに心理的なゆれの作用もからんで、
そもそもの本質的な部分に心を向けます。

原点とか、土台とか、軸とか、芯の強化に
視点を移す必要があるということですね。

それらがゆるいと、だまされたり、予想外の展開へ運ばれてしまう恐れアリです。
意識的、計画的な行動を心がけた方がよいでしょう。
社会変動の波、交錯する人間関係、感情の波風に翻弄されないように。

結論を出すには矛盾や対立による葛藤を潜り抜ける必要があり、
問題は当面、持ち越される模様です。



次新月は蠍座でスタートしますが、
今起きている問題の因縁に対する考察、
そもそもどんな縁でつながっているのか、その尻尾をつかむこと。
そして、自分自身の願いや信念とは。

人は思い込みで生きているもの、
自分が何を信じて、どんなところに価値を置いているのか、
人と人とが協力関係で結ばれていく過程で発生する
「情」と「理念(新しい未来の理想)」とのギャップがテーマです。


00:43 | 星こよみ 満月〜新月 | comments(0)
■ 晩夏の満月−展望とルール 2009.08.09 Sunday

あの日蝕から、月満ちて8月6日に満月を経過。
 
日蝕と土用とでダブルの転換モードで変化激しかったですね〜。
腰が重い人、煮え切らない人なども、さすがにこの波に大きく運ばれたのではないかしら。
 
しかし日蝕は、感情への揺さぶりが強いので、
通常の判断力に狂いが生じている恐れがありそうです。

それが思っても見なかった飛躍となるのか、
または歯車を狂わすことになるのか、、、あなたの舵取り如何〜。
 
蟹座ラスト度数で起きた日蝕のあと、すぐ火のサインの獅子座に入りましたが、
周りの目や意見を無視して、衝動のままに自分中心で物事を進めてしまった人、
リスキー(投機的)な行動に走った人は、手痛い失敗や損失を負った人も多いようです。
 
でも、そんな力によって起きた失敗や成功の体験が、
人生を面白くさせているのですね〜(ちょっとのん気)。
 
今は獅子座の半ばを過ぎました。
不動の精神性を示す火のサインである獅子座は、
日和見ではなく、「自覚」と「志」をキープする力です。
 
意志の力によって、この先の舵取りを進めます。

 
7日立秋を向かえ、太陽のコンパスは秋モードに入りました。
これより残暑お見舞いです。
 
旧暦ではまだ晩夏ですので、秋に入るのは次新月の8月20日です。
旧七月、初秋の文月になります。
 
非合理的と言われる旧暦ですが、
季節予測からいくと、以外と合っているので目安になります。

今年は閏月があり、湿度の高い五月がダブルだったので、
例年よりジメジメ期間が長い計算になるのですが、
しかしそれ以上に今年は雨が多く農作物への影響が気になります。
 
8月19日、新月の前日は「夏越の祓い」。
旧暦の夏のラストデイ。

夏の終わりに、その暑気を祓い、後半戦の秋へと入ります。
デトックスデーなので、浄化の儀式をなさってくださいませ。
 
 
<スケジュール>
06日 満月(9:55)旧六月十六日/広島平和記念日
07日 立秋(太陽獅子座15度)
09日 長崎原爆の日
14日 下弦
15日 終戦記念日/木星と太陽が衝(180度)
18日 月と金星が合/水星と土星が合/海王星と太陽が衝
19日 旧夏越の祓
20日 新月(19:01) 旧七月一日
 
●展望とルール
 
さて、土星の力が増してきました。
 
社会の制度改革、新しいルールが実施に向けて走り出します。
それに応じて、私たちの生活や意識に変化が及んできます。
責任もかかってきます。
 
個人の都合のみじゃなく、社会性を持つこと、公共精神の高まりによって、
これから、意識改革、エゴの調整が進みます。
 
それぞれの望みや目的が、個人的な思い込み、保身よるものか、
真の社会奉仕によるものなのか、その行動によって示されていきます。
 
どうなることやらと思われた裁判員裁判も実施されました。
刑事裁判に一般市民が参加して審判する。
国民の司法参加という新制度がスタートしました。
 
「ルール」や「モラル」がキーワードとして重要になるでしょう。
 
身近な問題にも、まわりがそうしているから、、と右習えじゃなく。
もっと物事がうまくいくようなルールを、自分で考え直してみる。
そんな試みをしながら、決定事項を増やして行きたいところです。
 
 
これから火星の進行に注目です。
 
下弦ごろから推進力が増して、激しい競争が展開される模様、、
忙しくなって調子に乗る分、衝突や落とし穴もあり。

特に男性は行き過ぎやりすぎにご注意を。
女性に意見やサポートを求めること。
無駄な労力を払わずにすむことになるでしょう。
が、そうした気が回るかどうかは疑問。
 
言っていることと、やっていることとに矛盾が生じてはいないか、
しっかり監視したほうがいいようです。
 
行動の振り巾が大きくなると、考え方も大風呂敷になります。
希望的観測になり判断を誤ると、それが後に手痛い結果になる可能性が大です。
 
テンションをさらに高める大きなビジョンや展望がやってきますが、
同時にクールさが必要です。
 
 
人を成長させるのは「遊び」と「学習や訓練」。
 
12星座の中で、獅子座と乙女座は、
個人を育成させるサインの後半にあたります。

つまり、1年の中において、
大暑(7月23日)〜秋分の前日まで(9月22日)の2ヶ月間は、
デビュー前の準備の期間なんですね。
 
しっかり遊び、しっかり学ぶ。
個人的なテーマに取り組み、努力するのは今のうち。
この先の結果を見る上で、この2ヶ月間はとっても大切な期間です。
 
 
人に語ること、実際的な仕事能力、
情報の扱い方と判断力、ルールに対する意識やモラル、
これらに足りないところあらば補強、洗練させることに努力を傾けたいところです。
 
目的にあった手段を選択できるように、発言や行動を律しながら、
考えを固めていく重要なプロセスが進行していきます。
 
どう立ち廻ったらいいのかプラン(段取り)する力がモノを言いそうです。


<<星こよみ 2009年8月6日〜20日>>
20:00 | 星こよみ 満月〜新月 | comments(0)
■ アルコール、薬物過剰摂取にご注意を。 2009.08.09 Sunday
 
最近、薬物に関する事件がしばし世間を騒がせていますが、
今年気になるのは、アルコール、薬物などの摂取量です。
 
ことしのイベント、木星と海王星の会合の影響の一つと見られる。
 
海王星は、目に見えないものを象徴します。
人の無意識に働きかけ、夢やビジョン、理想主義をつくりますが、
ガイアの対応させると、アルコールや薬物、海など、
液体やケミカルなものの不可思議な作用を象徴します。
 
それが木星によって強調、増量されるので、
人によっては、飲酒量や治療のためのお薬、
お騒がせのドラッグ等が増加、蔓延している恐れがあります。
 
特に今現在は、木星が逆行しているので、モラル意識が自分都合になりがちです。
自分に甘くなって、コントロール弱まっている人、
依存傾向が強まっている人は、ご注意くださいませ。
 
今後のインフルエンザとそれに対するワクチンの動向も気になるところです。
 
この海王星と木星の間には、キロンが共にいます。
ここに癒すべき傷口(トラウマ)、弱点があることを示します。
 
木星がこれらの傷を保護してくれるのか、
それとも傷口を拡大させるのか?

今後、集団麻酔にかからないようにご注意あれ。

酒や薬以外にも、
「やりすぎ!」傾向のところがあったら、
そろそろ、ちょっと冷静に、現実的に見たほうが良さそうです。


<<星こよみ 2009年8月6日〜20日>> 付録1
19:50 | 星こよみ 満月〜新月 | comments(0)
■ べたですが、平和への祈り 2009.08.09 Sunday
 
しばらく中断していた「マハーバーラタ」の読書を再開したら、
世界の終末について書かれてある章だったので、ちょっとびっくりしてしまいました。

4つの宇宙紀(ユガ)について書かれてありました。
 
黄金の時代のクリタ・ユガ、次にトレーター・ユガ、
ドゥヴァーパラ・ユガ、そして暗黒時代のカリ・ユガ。
そして4つのユガが終末を迎えた後、
再び黄金のユガを迎えるといいます。
 
この4つの段階ごとに神の法が減っていく。
カリ・ユガには、3/4が非法で、正しい法は1/4に。
 
そして、暗黒のカリ・ユガがどんな時代なのかあれこれと書かれてあります。
読みながら今の世相と次々とリンクしていきます。

光を失った時代には、正しい判断ができる数は1/4で、
多数決で決める社会においては真っ当な判断で世の中が動かないってことになる。


この壮大な物語に流れるテーマは「戦い」。
さまざまな武器を使いこなす武勇たちが登場しますが、
ここには「核兵器」らしき記述も出てきます。
 
以前にインド人のヴェーダの先生が、
「戦争はなくなりませんよ。だってそういう時代ですから」
とさらりとおっしゃったことに軽くショックを受けたことがありました。
 
我々は今暗黒のカリ・ユガに生きている、、、。
 
最悪は最善を迎えるためには、
避けて通れない宇宙的なサイクルだと、
この古い物語は語っています。
 
6日は広島。9日は長崎原爆の日。
15日は終戦記念日。
核のない平和な世界を多くの人が望んでいるはず、、。
 
今後の戦いの神マルス(火星)の動きから、
武器や防衛に関することで大きな動きが起きてくることが予想される、、。
 
武器というおもちゃから男たちは卒業できるのでしょうか?


<<星こよみ 2009年8月6日〜20日>> 付録2
19:40 | 星こよみ 満月〜新月 | comments(0)
■ 「変容の圧力」。夏至から、、、 2009.07.11 Saturday
 
さて6月21日に夏至を通過しましたが、
の前後に、方針を大きく転換するような強い圧力がかかりました。
それは今後の生活方針そのものを変えるような出来事であったはず。
 
一年の流れを読み解く「起承転結」のうち、夏至は「承」。
クライマックスの伏線を張っているところ、、。
 
春分、秋分、夏至、冬至と、
この1年の4つのポイントには劇的な変化が仕込まれております。

これから結果が現れる天下分け目の「秋分」へ向かって、ドラマが進行していきます。

どんな展開を目標としているでしょうか?
それまでに、どんな仕込みが必要でしょうか?
秋分は、9月23日です。

 
現在太陽は、蟹座を通過中です。
変容の風吹き荒れる只中にあって、心、感情のレベルで自己確認をしています。
 
「私」と、「私にかかわる家族や仲間、共同体の中の私の役割」について、
日ごろの交流を通して、心で判断し理解しているところです。
考え方の違い、この関わりの中で私が出来ることと、出来ないこと、役割意識の変化と共に、
心の中で静かにアクセスチェンジが起きている、、、(黙)。
 
さてこの先、共に進んでいくことは出来るのでしょうか?

そのアクションが出てくるのは日蝕の後。
太陽が演技派の獅子座入りしてから、、局面はダイナミックに変化していく模様。
 
 
14日〜20日は、重要な期間です。

14日に今までふらふらしていたメッセンジャーのヘルメス(水星)が太陽にコンタクト。
しっかり情報やアイディアを彼から、聞き出してくださいませ。

言葉にすること、これからの計画に必要な命題をしっかり叩き込んで、
脱線しないようにうまく立ち回るよう指示を与えてください。

19日に太陽は天王星と連携。
変化を受け入れ、精神的なレベルで自立心を持ち直すことができるはずです。
 
この期間は、考えをまとめる作業をすると良いでしょう。
企画会議や情報の共有、意思疎通の機会を作りましょう。

それはこれからの変動に対する準備となります!
 
<星こよみ 7月7日〜22日>
15:37 | 星こよみ 満月〜新月 | comments(0)
Other