あまよみ暦 amayomi koyomi 

 天(アマ・宇宙)と地(ガイア)と人と。その調律方法を探る!
■ 本能力の回復−「味覚」 2011.01.15 Saturday

2011年の指針に、「本能力の回復」
というテーマを立てましたけど、

この本能力を回復するために重要なのが、
「食」だと考えています。

ある居酒屋のオーナーさんが言っていた会話で、
忘れられない話があります。
「二宮金次郎はナスの味から飢饉が来ることを予測したんだ、
それってすごいよね。」
思い出したのでウィキってみたら。
たしかにそういう逸話がのっていました。

ここで、オーナーさんが関心したこと、
とても興味深いことは、

「味覚」というセンスです。


再びこの話を思い出したことに、
私の最近の「味覚」体験があるのです。

それは、玄米なんですけど、
「一口の玄米を30回くらい噛んで食べた」
ただそれだけのことなのですが、
とても感動してしまったのです。

それ以来、多くの情報が入ってくる。


以前、台湾の茶人より入れて頂いた、
お茶の味から風景が立ち上がってくる体験をしました。
私はこの茶葉が育った環境はこんな場所ではないかと思い込み、
その情景を話したり、お茶に酔う豊かで素敵な時間でした。

これらの体験は、
便利、安い、早い、では得られない、、。



玄米は、噛んでこそ美味しいものです。
でんぷんと唾液が混ざって甘みが出るものですが、
実にさまざまな栄養が含まれていることを実感させ、
滋養深い味わいが広がります。
そのとき、私は美味しくてにっこり笑ってました。

これが母の味。

この種である一粒に。
生きる力のすべてを込めて、
結実へと導いた大地の母の味なんだ。
なんて愛情深い事実なんでしょう!

地球は、命をつなぐ仕組みで満ち溢れた場所なんだ。
と、地球(ガイア)に感謝の気持ちがわいてきた。


こうした自然の食材は、当然ながら土から作られたもの、
大地と直結していた素材です。
地球の情報が搭載されているのは当然のことに思えます。

そう、大地とつながり、情報や力を得ることができる。

こうした自然のリズムに合わせた食スタイル、
「スローフード」に対して、
世間では「ファストフード」が席巻しているありようです。

コンビニや街にあふれる飲食店のおかげで、
安くいつでもとこでも食べ物にありつける。
便利な豊富な加工食品の数々。
それらの味の決め手は満載の添加物です。

我々の味覚は汚染されている。


汚染とは言い過ぎと思われるかもしれませんが、
でも、とても危険視しています、、。
細かい話はさておき、

「本能力の回復」へのひとつの提案として、
加工食品をなるべく食べないことをおススメします。

それは「味覚センス」磨きに必須の条件になるでしょうから。


最近の私の食事の中心は、
「食べる青汁」です。
冬の野菜はみんな甘くて美味しいですよ〜。

 

13:31 | 食と運勢 | comments(0)
Other