あまよみ暦 amayomi koyomi 

 天(アマ・宇宙)と地(ガイア)と人と。その調律方法を探る!
■ スポンサーサイト 2018.05.14 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | -
■ 真の「安全」へ導く行動とは−春分 2011.03.20 Sunday

「安全」と「危険」は表裏。

今年は「安全」を導き出すために、
何か危険、不安定な出来事が起きる可能性があると想定して、
1月7日に「2011年の指針」を書きましたが、
そんな私の想像を上回るような前代未聞の被害が
日本の東北地方太平洋沿岸を襲いました。

「いよいよやってきた!」と、
大転換の幕開けを突きつけられた思いでした。

津波の被害の状況はすさまじいものです。
その報道映像はまるで映画のようでした。
あまりに多くに犠牲を払っています。

今日本の状況に世界中が注目しています。

さまざまな支援が国内外問わず被災地に向けて動き出しています。
物理的な支援だけでなく、情報を介して、今この地球に共に生きるすべての人々、
多くの意識がこの日本の状況に集中的に注がれています。

これを機会に日本いや世界は、原発という発電システムを停止撤廃するべきでしょう。
現に世界各国がこぞってエネルギー政策の見直しや計画の中止を発表、
脱原発へと動き始めています。

そのために日本人がまたも犠牲を払っている、、。
日本はそういう役回りであることを実感させられます。

今、人類が甘受してきた文明は崖っぷちに立っている。

そうとうに危険な状態にあることを知り、
生き方・生活スタイルを変えなければなりません。

放射能汚染という命の危険を冒してまで、
24時間営業の便利な電化生活をし続けたいでしょうか?

計画停電はまだまだ続くでしょう。
私たちは今、エネルギー消費の問題に向き合っている。



21日は春分です。
前回に書いたとおり、リセット力かなり強いです。

「真の目的」に意識を切り替える
瞬間を迎えるといっても大げさではないでしょう。

天王星は震災の直後に、
春分ポイントである牡羊座に入りました。

人の意識は「覚醒、目覚め」の時に突入しました。
この覚醒意識の天王星と同調する春分です。

この史上最大の災害は、
私たちを真の「安全」と「安心」へと導くものです。

私たちが真に「安全」な暮らしをするために必要なこと、
大切なこと、とは何か?

被災地ではこの今の瞬間にも、生き死にを分ける過酷な状況の中
「生存」に必要なこと、その助けを求めています。

真の「安全」「安心」を手にするために、
必要なこと、できることを必死に導き出すために
行動するこの1年、春分のスタートです。

しかし闇雲さ、模索のスタートです。

大切な核心をとらえて行動する必要があります。

異常な現象も含め、今までにない事例がたくさん出てきます。
個人と他者の境界を越えて必死に知恵と行動を尽くします。
しかし、立場を度外視した無謀、無茶な行動に混乱が生じることも。

進めてきた計画や利益など、今までのラインを大胆に変更する事業や
非営利の組織が新編成され、社会貢献活動がスタート。
市民団体やNPOやボランティアなどの活躍がそれぞれの地域を支えていくこと。
新たな活動が続々生まれてきます。

それに応じて、避難や拠点移動、
引越しなど人々の移動が多い1年になります。



考えさせられることがたくさん。
課題がたくさん、、。

その筆頭に揚げられることは、「情報」の扱い方です。
情報によって判断されること、その影響の大きさを皆が体験しています。

被災者でなくとも精神不安に陥って体調を崩してしまった人、
悲しみや不安、恐怖に心が染まってしまった人、買占めに走ってしまった人も、
その原因の多くは「情報」が犯人とも言えそうです。

真の「安全」「安心」は情報によって得られるものでしょうか?
正確な情報というものは存在するのでしょうか?

頭(思考)は不安を生み出します。
マインドコントロール(情報操作)の手から逃れるためにも、
しっかりハートをキープする強さと自覚を持つ必要があります。

何よりも強く確かなものとは何でしょうか?

その気づきも重要な今。

人のハートに存在するものは、「愛」と「勇気」の心。

そして、それを伝え合う「つながり」の大切さを
たくさんの人が目覚めたように実感しているのがわかります。


<暦>
3月18日 彼岸入/水星と土星180度
3月20日 ○満月 旧二月十六日
3月21日 春分/太陽と天王星合
3月24日 彼岸明
3月26日 下弦
3月27日 金星と海王星合
3月28日 太陽と冥王星90度/金星魚座入
3月29日 土星と木星180度
3月31日 水星逆行(〜4月23日迄)
4月02日 火星牡羊座へ
4月03日 ●新月 旧三月一日・弥生


21:48 | 春分 | comments(0)
Other