あまよみ暦 amayomi koyomi 

 天(アマ・宇宙)と地(ガイア)と人と。その調律方法を探る!
■ 天王星意識−ルールの逆転 2011.05.29 Sunday

動かぬブログですみません、、。

5月25日に下弦をすぎて月細り、新月へ向うサイクルです。
闇がだんだん深まっています。

6月2日の新月まで、デトックスウィークです。
心身のケアを重視して、新しい月のご準備を。


東京でも早くも入梅のようですね。
あれよあれよと季節の風景がフラッシュで目まぐるしく移り変わっていきます。

何でこんなに早いの?
それは私の余裕のない状態のせいか、
それとも自然界そのものが加速しているからなのか、、、

人間以外の動物や植物たちは、それぞれにガイアのゆりかごに住み、ガイアと一体です。
人間だけは、それを忘れた特異な生き物になっている。

あるものは何でも取ってしまう。
好き勝手に利用してしまう。食べてしまう。邪魔なら壊してしまう。
人間は、動物たちに比べたら、調和を乱す配慮や遠慮のない強欲な存在に見えてしまう。
ガイアにしたら殺戮者です。

東日本大震災に限らず、世界中に続々起きている天災は、
地球、ガイアの紛れもない叫びとも言えるメッセージです。
私にはそうとしか考えようがありません。
ウルトラマンの警告音のごとくピコピコと鳴り響きっぱなしです。
「人類よ、気づいて!」と。

フォトンベルトの影響もあるでしょう。
地球に降り注ぐエネルギーは高まる一方だと言い、
それを受容する人間の器の状態が問われます。
ガイアにとってもそれは同じこと。
ハイテンション状態と激しい浄化作用が起きています。

すべての現象は影響し関連し合い、その相対で決まってくる。

これから見る現実は、人の意識状態や行動によって如何様にも
変化しうるかもしれない。
しかし、見たい現実(ビジョン)を望まなければ始まらない。

何といっても今年は転換年です。

指針にも書きましたが、
大きな揺らぎをを通して、生き方の転換を迫られるわけですが、
転換をはっきりと宣言し、内外ともに変化を起こしていく。
価値観を変え、それをもとに方針を決め、決断し、
実行に移していくことを急がなくてはなりません。


天王星意識。

水瓶座の支配星であり、水瓶座は人類そのものを象徴するサインです。
ヒューマノイドとして人類の進歩と深い関係がある天体だと思います。

天王星は、人のライフサイクルに影響する天体です。
人生の転機や偶然の出来事(偶然なんてないのですが、精神的霊的レベルでは必然の出来事)
によって結果的に流れを変え、その人らしい独自の人生の道が創られていきます。
その力のもとは、「自由と未来に対する意識」です。

ゆえに土星側からは、反逆児と見られてしまうのですが、
「今時の若いものは、、」ともらす年配者も、
若かりし頃には、当時の年配者にそう見られていたはず。

どんな時代であっても、天王星意識=自由と未来の志向性は、
新奇さゆえにジェネレーションギャップをつくりますが、
その未来志向が結果的に時代を創っていきます。
時代の流れ、新潮流というやつです。

硬直した現実(土星)から解放され、離脱し、
天王星的価値観で人生を創っていきます。

天王星的価値観とは、何でしょう?

東日本大震災の翌日に天王星は、牡羊座に入りました。

天王星がスタートサインの牡羊座に入ったことは、
人類の意識が新しいステージに入ったことと解釈します。

それまでの価値観を転換し、
人類進歩のシナリオは変更すべきです。

2008年に冥王星が山羊座に入って以来、
地上化された制度や組織は、崩壊と再生の大建て直しが続いています。
価値観の転換を迫られる状況は既に進行中です。

地球人としての視点に立って価値観を見直す。

自然界から好き勝手に搾取してきた経済主導のありかた。
「経済力」という考えのもと、お金の為に働き、金融というシステムを強大化させ、、。
お金の為に人生を搾取されてきた私たちの生き方。

書き出すとついこうした話になってしましますが、
やっぱり、エンデの「モモ」を思い出します。
読んでない方は、ぜひ手に取ってみてください。

お金をたくさん貰って、もっと豊かになりたいと働きつづけて、、
それと引き換えに、灰色の男たちに生きる「時間」を盗まれていたのでした、、。


土星意識は、地上の原理。
天王星意識は、自由と未来の原理。

今地上にあるものは、壊される運命。
未来を目指すものは、まだ見ぬ未来。

ルールは逆転します。

急がれる問題の解決と、明るい未来ビジョンを誰もが望んでいますが、
それを、現実のものにするのは土星意識の役目。

新しい発想・方針を具体的に落とし込む実務作業、
新しいルールを創ること。整理し、組立てし、段取り、スケジュールをつくること。

「地球規模で考え、地域で行動する」
Think global Act local

とは、天王星から土星への意識の流れ。

つまり理想のビジョンは足元から、
「今ここ」ですぐできることを行動にうつすということ。


6月2日早朝の新月は、部分日食。

ますます加速する地球ガイアと人間は一体。
そのことを忘れずにすごします。

静かな闇夜に、
真の自由と調和に導く未来のヴィジョンを描きます。


<暦>
5月21日 小満(太陽双子座へ)
5月25日 下弦
6月01日 太陽と土星120度
6月02日 ●新月(部分日食) 旧五月一日・皐月
6月06日 木星牡牛座へ
6月06日 上弦
6月13日 土星逆行
6月16日 ○満月(皆既月食) 旧五月十五日
6月21日 夏至

00:34 | 下弦〜新月 | comments(0)
■ 革新と秩序−春への調律 2011.02.27 Sunday

本日は旧暦1月25日。
初春も終わりを進んでいます。
(いつも書きかけていてアップできないマヌケなぐらはです(苦笑)、。)

早くも、来週の土曜日(3月5日)に新月を迎えます。

新月に向って、浄化力(デトックス)強くなってます。
この1週間は心身のケアが重要な週間になりますので、
あまり無理をしませんように。

今回の新月(2月3日)は改革行動猛進と言ったようなスタートを切りました。
そして、混乱と迷妄、人間関係の激変など、、、

満月の前後には、
太陽(目的意識)、火星(行動力)、水星(知性)が次々に飛んで火に入る蚊のごとき、
海王星(夢・ビジョン)に巻き込まれるように通過。
みんなの意識や行動は、集団幻想に近い感じで妄動と化し、過激で、
浮き足立ってしまった感が強いです。

個人レベルでは、新年の初心忘れて、
何かに夢中になりすぎてしまってはいないか?
ここで、クールダウンして足元を見なければなりません。

今年は「新しいアクション」に対して、しっかり秩序立てることが重要になります。
ルールを持って、的をしぼっていくこと。

そして変化や結果に応じて、
ルールやプランを柔軟に変化させていくこと。

総合的な視点を持ち、持続可能(サスティナブル)なシステムを
つくれるかどうかが重要な鍵になります。

今年の指針、めざす目標や理想のビジョンを見据えて、
バックキャスティングすること。
そこから自分を脱線させない意思と、自制心が必要です。

そうでなければ淘汰され、
強者に飲み込まれてしまいます。

先週の金曜日は春一番が吹き、春が到来を宣言しました。

春風。

あるときは、ぽかぽか暖かく穏やかな春らしい陽気の日もあれは、
一転して花散らす風雨が吹き荒れる。
春の風は過激です。暴力的にいろんなものを撒き散らす。

花粉症の方はお気の毒さまです。
恨むのは杉やヒノキではなく、お国の愚策ですから。
植物たちに罪はありません。

私はベジになってから、カゼ、アレルギー知らずです。
私からは、お肉、お魚、卵、乳製品を食べないことをおススメします。
免疫力に余力が出てきますので、症状の改善の可能性は大きいと思います。
もちろん、お酒、タバコもですけどね。

要は、肝臓です。

肉食をやめ、植物ベースの食事にすると肝臓の負担が軽減するのです。
くわしくは、別の機会に書きたいと思いますが、。

そして、
肉=たんぱく質という固定観念は捨ててくださいね。
これも現代文明が生んだ戦略的なものですから。

大豆は最も優良なたんぱく質です。

豆腐、納豆、豆乳、味噌、しょうゆなど、大豆の加工食品が
日本の食文化の中心にあることはとっても誇るべきことです。

そしてお肉の代替製品として大豆のお肉も普及しつつあります。
ベジタリアンカフェなどで使用しているお店が増えたのでぜひご体験を。

清き水と大豆で作ったお豆腐、お漬物、炊き立てご飯、お味噌汁。
こんな贅沢な食事は日本以外にないですね。

日本食は、人類の健康を支える貴重な財産です。

まずは一日おきベジから始めて体感してみてください。

今、季節の変化に応じて、
からだが変化しているのがわかります。

秋に閉じ、冬に蓄積する。
春に開き、夏に放出する。

太陽と共に生きる、自然の一つの大きなサイクルです。

臓器では、
腎臓から肝臓へとバトンタッチです。

特に2月は、冬に凝り固まったところが表面にでやすく、変調を感じやすいですね。
肝臓が活発に働き始めた証拠だといいます。

特に、眼、頭部、顔面の症状。筋肉のコリを感じやすいはずです。
私もいま、一生懸命ほぐしにかかっています。

梅の花もほころび始めました。
今、太陽のエネルギーと同調して、まだ寒いですが、
心身ともにオープンするウォーミングアップをしている今です。


<暦>
2月25日(金) 春一番吹く 下弦/太陽と水星 合
2月26日(土) 木星と冥王星 90度(牡羊08度)

3月05日(土) ●新月 旧2月1日・如月
3月13日(日) 上弦
3月18日(金) 彼岸入
3月20日(日) ○満月 旧2月16日
3月21日(月) 春分
3月24日(木) 彼岸明
3月26日(土) 下弦
4月03日(日) ●新月 旧3月1日・弥生

08:16 | 下弦〜新月 | comments(0)
■ 「どこでもドア」は不毛の荒野に出現する。 2010.12.30 Thursday

 一つのことをあきらめることによって
新しい何かが浮上する。

27日に、太陽は冥王星を通過しました。
死と再生を象徴する冥王星に太陽が通過。

今後の方針にとって大きな変化が起きました。

人は欲張りです。
そして習慣依存の動物です。

すべてを満足させる解決方法を導きだすのは容易ではありません。
でも、あれもこれもと欲張りで、日和見で、事を荒立てることを嫌い、
孤立することを恐れ(和を尊び)、個人の意見を口にすることなく、
大きな割切りや判断ができない。

そんなグダグダした、煮え切らない、対処的な行動から決別するめに、
今までの関係性がまかり通らなくなった時、
拒絶され、撤退を余儀なくされたとき、

あきらめる。何かを切り捨てる。

喪失感に打ちのめされる。

しかしその心の景色の中から、新しいドアを発見する。
このドアに近寄ってみること。

この「どこでもドア」は、不毛の荒野に出現し開かれることを待っていた!

本当に捨て切れたならば、その新しい扉の意味について、
あなたはすぐに気がついたはず!

30日から水星の逆行も終わり、今期の復習期間は終わりました。
キンコンカ〜ン♪

荒野を見渡す視野を手に入れたからこそ、
出処進退、身の振り方を明らかにすることができる。
自分の立ち位置を再認識して、
これから成すべきこと、役割について再建していきます。

ドアを開いて新しい道を進むために挑戦あるのみです。


2010年も終わりのカウントダウンです。

今は欠け月のサイクル。
下弦から新月までは宵闇深い浄化ウィークです。

このお正月は、日常の忙しなさから解放され、
特別なつながりを深く実感できるような出来事がありそうです。


<スケジュール>

12月21日 17:13 皆既月食
12月22日 08:38 冬至
12月27日 太陽と冥王星合
12月28日 下弦(月:天秤)
12月30日 水星順行(14時過ぎ)/火星と土星90度
12月31日 大晦日
01月01日 元旦
01月04日 新月(旧暦十二月)/木星と天王星合

00:01 | 下弦〜新月 | comments(0)
■ 星こよみ−女性が下す判断 2010.03.07 Sunday

久しぶりの星こよみです。(謝)

昨日(3/8)は下弦の月の日でした。
闇夜深まる月欠けのサイクルです。
一週間後には新月を迎えます。

2月に入ってから季節の変わり目もあって体調を崩す人が多いですね。
毎度ながらやはり、新月前は月の力がダウンするときです。
調子を崩しやすいので無理をしませんように。

大切な浄化ウィークです。
この一週間は、心とからだのケアを重視してください。

そして新月まで重要なプロセスが進行しています。

きのう(3/8)春分点を通過した金星ですが、
調和を象徴する金星ですが、けっして穏やかではあません。

試されているような感じです。

周囲から求められていることにしっかり気づくこと、
その指摘を受け止め、それに応える役割や行動が出来ているのかどうか。

また求めに応じることと、応じないこと。
そうした判断をしなければならないという局面も。
金の切れ目が縁の切れ目、とか。

傷つき、機嫌を損ねて無視するか、
瞬時の判断によって、どんな行動態度を取ってしまうのか、、。
それによって下される(下す)審判。

新月前のため内省的なエネルギーが強い今です。
いつものパターンに陥らない判断や受け止め方ができるはず。
落ち着いて、よーく現実を直視して思案するときです。

割り切りや、諦めもつきやすいかもしれません。

自らの欲望(または願望)と実情とのギャップに対処することも重要な観点です。

欲求をコントロールして、無駄を省いたり(ダイエット!)、
きっぱり諦めたり。そんな決意を心の中でセットするとき。

常日頃、いけないと分っていることことがあったら、きっぱり決別!



今の現実をどう前向きに受け止め、
より新しい行動へ、意欲的な方向に転換することができるかが、
判断のターニングポイント。

地に足の着いた開拓精神を!

特に天秤座、牡牛座生まれさん、
お金や仕事のこと、恋愛、人間関係、
あらゆる組織体制などにも関係があります。

女性の判断、選択に注目です。
今後、自由な行動によって新天地を創り出すのは女性から。



<スケジュール>
3月08日 下弦 金星牡羊座入り
3月09日 金星と土星180度 (めげないこと!)
3月11日 火星順行 (あ〜やっと!)
3月12日 金星と冥王星90度 
3月14日 水星と太陽外合
3月16日 新月●(魚座26度) 旧二月一日・如月
3月18日 彼岸入り
3月21日 春分
3月22日 振替休日
3月23日 上弦
3月24日 彼岸明け



さて今年は、
人ごとでは済まされない大変動の始りの年、
新たに生まれ変わるために、産道を潜り抜けるような1年となるでしょう。

それゆえに、内外にある障害物に気づいて、
それにきちんと対処することができるかどうかが重要になるでしょう。

続きはまた近日中に。

17:48 | 下弦〜新月 | comments(0)
Other